病児保育について

尾木医院2階 病後児保育所Baby-Kids

病児、病後児保育「ベイビーキッズ」は、専任の保育士・看護師が病中・病後のお子さんをお預かりする施設です。
子供たちが安心して療養できるように、忙しいお父さん・お母さんに代わって保育・看護を行います。

ご利用について

安芸市

利用料金 1日1000円、半日500円
利用時間 午前8時半から午後5時半まで
定員 6名
対象者 安芸市の保育所・安芸市の小学校(3年生まで)に通われている子どもさんなど
食事 昼食、おやつをご持参ください(給食非対応)

芸西村

利用料金 1日1000円
※利用料の支払方法は芸西村教育委員会にお問い合わせ下さい(当院では行っておりません)
利用時間 午前8時半から午後5時半まで
定員 3名
対象者 芸西村の保育所・幼稚園・芸西村の小学校(3年生まで)に通われている子どもさんなど
食事 昼食、おやつをご持参ください(給食非対応)

持ってくるもの

※全てにお名前を書いて来て下さい

  1. 母子手帳
  2. 飲んでいるお薬とお薬手帳
  3. お昼の食事(お弁当 ※給食非対応)
  4. おやつ(乳児は2回分)
  5. 飲み物(お茶など)
  6. 着替え(上下2組くらい、パジャマ、パンツ2枚くらい、紙オムツ10枚くらい、おしりふきなど)
  7. 食器類(コップ、おはし、フォーク、スプーンなど)
    ※乳児の方は哺乳瓶、いつも使っている乳首、粉ミルク(缶OK)
  8. ビニール袋2~3枚
  9. 食事用エプロン
  10. バスタオル1枚、フェイスタオル1枚、ハンドタオル1枚

Baby-Kids利用の流れ

こんな時にご利用下さい

(例)子供の体調が悪く、病院で診察を受けたところ、しばらくお家で休むよう指示されました。
しかし、ご両親とも次の日は仕事を休めません。

  1. お医者さんに、病後児保育はどうか相談します。
  2. 病後児保育の許可を得たら、病児保育に空き状況を確認のうえ、予約します。
  3. 予約の際には、保護者の方が病児保育の申込書(申請書)に記入して頂き申請書の裏側の証明を医師が記入して予約完了です。

申請書は以下の場所に置いてあります。
◆尾木医院
◆安芸市福祉事務所、各保育所
◆芸西村教育委員会、保育所、幼稚園

原則前日予約です

  • 場合によって当日の申し込みでもかまいませんが、基本的には診察させて頂いてからの判断になります。
    尾木医院に限らず、どこの病院にかかっている方でもご利用できます。
  • 重症でなければ、基本的に病気の種類を問わずお預かり可能です。(例:風邪、気管支炎、嘔吐下痢、中耳炎、インフルエンザ、水ぼうそう、おたふく風邪、ヘルパンギーナ、手足口病、溶連菌、とびひなど)
  • 子供さん同士で病気をもらわないように、異なる病気の場合はそれぞれ別々のお部屋で保育するなど、工夫しています。

★お知らせ★
保育中、症状が悪化した場合、保護者の方に早めのお迎えをお願いすることがあります。
また、症状等により1対1の看護が必要になった場合、定員に達していなくても、お断りすることもあります。ご了承下さい。

ベイビーキッズでの過ごし方

ベイビーキッズでの1日は、次のようになります。

  • 8:30~ 開室
    基本的には医師が診察してからのお預かりになります。
    保育室では病状や月齢に応じておもちゃで遊んだり、絵を描いたり、好きなDVDを見たりしながらゆったりと過ごします。
  • 11:30~ お弁当、お昼寝
  • 15:00~ おやつ
  • 17:30までにお迎え
    その日の様子を記録したお便りをお渡しします。

看護師が午前と午後、病状をチェック。医師に報告、医師も保育中に診察してきめ細やかな看護、治療を行っています。

それぞれの子供さんの病状、月齢にあわせてゆったりと遊んで過ごします。
おもちゃ、絵本、お絵かき、折り紙、DVDなど色々準備しています。

病気の子供さんは食事、水分のとり方も注意が必要です。
ベイビーキッズでは子供さんの様子を見ながら、病状にあった食事、水分、おやつを工夫して与えています。